Anda di halaman 1dari 1

SERIGALA DAN 7 EKOR ANAK KAMBING

Di suatu tempat, tinggallah 7 ekor anak kambing bersama ibu mereka. Saat 7 ekor anak kambing
sedang bermain, Ibu kambing datang dan mengatakan bahwa dirinya akan pergi ke kota, dan mereka disuruh
menjaga rumah.
Kemudian, ada seekor serigala yang mengetahui bahwa Ibu kambing telah pergi ke kota. Serigala
kemudian makan kapur putih untuk mengganti suaranya, lalu datang ke rumah yang dijaga oleh 7 ekor anak
kambing. Serigala mengetuk pintu dan mengeluarkan suara seperti ibu kambing. Tetapi karena melihat kaki
yang berwarna hitam dari lubang pintu, mereka tidak membukakan pintu.
Serigala punya ide lain. Serigala melumuri kaki dan tangannya dengan bubuk putih. Lalu kembali ke
rumah tersebut. Serigala mengetuk pintu dan menunjukkan tangan dan kakinya yang berwarna putih dari
lubang pintu. Melihat itu, anak kambing senang karena mengira bahwa ibu mereka telah pulang. Saat
membuka pintu, anak kambing kaget karena yang muncul adalah Serigala.
Serigala menyerang dengan membabibuta dan para anak kambing lari ke seluruh penjuru kamar.
Serigala menangkap 6 ekor anak kambing satu persatu dan memakannya hidup-hidup. Satu ekor lagi
bersembunyi di dalam jam.
Saat ibu kambing pulang ke rumah, Si putih yang bersembunyi di dalam jam menceritakan hal yang
telah terjadi. Setelah itu Si putih dan Ibu kambing pergi ke luar untuk mencari Serigala. Mereka melihat
Serigala yang sedang tidur di padang rumput. Ibu kambing merobek perut serigala lalu mengeluarkan para
anak kambing yang masih hidup. Kemudian anak kambing mengumpulkan batu-batu kecil dan
memasukkannya ke dalam perut Serigala. Ibu kambing menjahitnya dengan benang dan jarum. Setelah itu
mereka bersembunyi di tempat persembunyian.
Saat terbangun, Serigala merasa kehausan. Dia berjalan dengan terhuyung-huyung dan akhirnya tiba di
tepi sumur. Saat akan menjulurkan badannya, Serigala terjatuh dan tenggelam ke dalam sumur karena
beratnya batu. Kemudian 7 ekor anak kambing dan Ibu kambing tidak lagi diganggu oleh Serigala dan hidup
bahagia.

おおかみと 7 ひきのこやぎ

あるところに、7 ひきの こやぎと おかあさんやぎが すんでいました。7 ひきの こやぎが


あそんでいるとき、おかあさんやぎは じぶんが まちへ いって、かれらに うちを まもせると
いいました。
まちへ いったのを しっている おおかみが いました。おおかみは こえを かえる ため
に、はくぼくを たべて、7 ひきの こやぎに まもられている うちへ きました。おおかみは とを
たたいて、おかあさんやぎの ような こえを しました。しかし、との すきまから あしを みま
したから、こやぎたちは とを あけて あげません でした。
おおかみは ほかの かんがえが ありました。おおかみは しろい こなで あしと てを ぬり
ました。ふたたび、あのうちへ きました。おおかみは とを たたいて、との すきまから しろい
あしと てを みせました。それを みたと、こやぎたちは よろこびました。おおかさんが かえっ
たと おもっていますから、とを あけた とき、きたのは おおかみ ですから、こやぎたちが
びっくりしました。
おおかみは つぎつぎに おそって、こやぎたちは へやじゅうを にげました。おおかみは 6
ぴきの こやぎを つかまえて、まるの みに して しまいました。いっぴきの こやぎは とけいの
なかに かくれました。
おかあさんやぎが うちへ かえったとき、とけいの なかに かくれている しろちゃんは お
こったことを せつめいしました。そして、しろちゃんと おかあさんやぎは おおかみを さがし
に いきました。かれらは のはらで ねている おおかみを みました。おおかさんやぎは おおか
みの はらを さいて、いきている こやぎたちを だしました。こやぎたちは いしころを あつめ
て、おおかみの なかに いれました。おかあさんやぎは はりと いとで はらを ぬいました。か
れらは ものかげに かくれて しまいました。
おきたとき、おおかみの のどが かわきました。おおかみは よたよた あるきました。やっ
と、いどばたに つきました。みを のりだす とき、おおかみは いしころの おもさで、いどに
はいって、しずみました。それから、7 ひきの こやぎと おかあさんやぎは おおかみに めいわく
を かけられなくて、しあわせに いきていました。

作 : ユニ
年月日 : 2008 年 11 月 22 日