Anda di halaman 1dari 16

政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴 | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 17/09/09 11:42 AM

BPnet TRENDYnet ビジネス PC IT テクノロジー 医療 建設・不動産 環境 安全・安心

トップ 特集 ニュース 政治・経済 仕事・ひと 特設 新刊

総合トップ > 時評コラム > 松浦晋也の「宇宙開発を読む」

トピックス PR
全米の空港で盗難されるノートPCは何と1日1万台以上! ビジネス情報は守れるか?
設置スペースが半分に、導入コストも最大34%オフになるサーバー! その性能は?
ビジネス標準PCとして選ばれる確かな理由:独自設計,東京生産,11万時間の検証
徹底した自動化と熟達した手作業で、付加価値の高いPCの注文仕様に確実に応える
社員のメンタルヘルス対策の目的は「リスク管理」だけではない!

時評コラム

松浦晋也の「宇宙開発を読む」

政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴
安全保障分野とそれ以外は厳密な分離が必要
2009年8月28日 スペシャルサイト
ECOマネジメント
この記事を携帯へ転送 | コメント(12件) 地球環境問題─新たなる挑戦
ITマネジメント
“高付加価値経営”のカギ
 衆議院選挙が間近に迫り、自民党・公明党の連立政権から民主党政権への政
権交代への流れができつつある中、宇宙分野では、「日本版NASA」構想という
話がメディアに露出するようになった。現在の文部科学省主体の宇宙開発を内 アクセスランキング/時評コ

閣府の管轄に移し、さまざまな省庁に分散している宇宙行政を一本化しようと 高速無料化、虚偽の説明は訂

いうものだ。朝日新聞は8月14日付けで民主党が、宇宙行政の一本化を霞が関 鳩山新首相は「最初の100日
民主党は理想と現実のギャッ
改革の突破口とする意向を持っていると報じた。
「仕掛け」があれば、お父さ
 この動きは、去年8月に施行された宇宙基本法に基づくものである。宇宙基本 「子ども手当」と「母子加算
法は附則において、施行後1年をめどに宇宙開発体制の見直しを行い、かつその 自民党が反転攻勢に出るため
新型インフルエンザワクチン
後も継続的に必要に応じて組織体制を見直していくと定めている。今年春には
団塊公務員の定年後
現自公連立政権が、宇宙基本計画策定にあたって、宇宙開発分野の文科省から
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090828/177228/ Page 1 of 5
政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴 | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 17/09/09 11:42 AM

団塊公務員の定年後
現自公連立政権が、宇宙基本計画策定にあたって、宇宙開発分野の文科省から
鳩山民主が直面する雇用、農
内閣府へ移管しようとした。この時は、文科省が文教族議員を巻き込んでの大
“老人国家”に未来はあるのか
がかりな反対運動を展開した結果、「選挙も近い時点で党を割ることはできな
い」という河村建夫内閣官房長官の判断でペンディングとなっている。

 しかし、この「日本版NASA」というキャッチフレーズには重大な事実誤認が
含まれている。アメリカの宇宙開発体制は決して米航空宇宙局(NASA)に一元
化されているわけではない。特に安全保障分野では、米国防総省、国家安全保
障局(NSA)などに分散している。

 むしろ、アメリカの宇宙開発体制は、2003年に宇宙三機関統合を実施する前
の日本の体制に近い。「日本版NASA構想」は、アメリカの体制に勝手に幻想を
抱き、その幻想に近づこうとして、かえってアメリカの体制とは異なる体制を
構築しつつあるといってもいい。

 私は特に、安全保障分野と、それ以外の宇宙行政を一体化する動きに重大な
懸念を感じている。活発な情報交換と情報流通によって、宇宙開発を加速する
ことができる分野と、基本的に情報を秘匿する安全保障分野を同じ組織に一体
化するべきではない。 ビジネス・アウトソーシング

 もしも一体化した場合、行政組織の常として、組織全体が秘匿の側に引っ張
られることは確実である。そうなれば、日本の宇宙開発は自由な情報の流通が BIZトレンドは「総務」「人事
できなくなり、衰退することになる。 グ」の3つのカテゴリで、厳選
サービスを一覧で比較し資料請
ができるサイトです。
1 2 3 4 5 6 7 8 次へ 社員研修
メンタルヘルス
給与計算
この記事を携帯へ転送
社宅代行
総合トップへ 時評コラム トップへ | バックナンバー一覧へ
映像制作

バックナンバー一覧
今の日本宇宙開発に欠けているもの ∼長期的な視点に立った取り組みを 時評コラム最新記事10
韓国のロケット羅老1号機、打ち上げに失敗 なんとも危なっかしい鳩山新
先行き混沌のGXロケット 鍵はJAXA宇宙輸送系の企画力 田原総一朗:鳩山新内閣の閣
公表された宇宙基本計画案(7) 林志行:秋本番、新型インフ
さらに過去の記事一覧へ… 「子ども手当」と「母子加算
猪瀬直樹:高速無料化、虚偽
大前研一:鳩山新首相は「最
注目のトレンドインフォメーション PR 「仕掛け」があれば、お父さ

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090828/177228/ Page 2 of 5
政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴 | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 17/09/09 11:43 AM

BPnet TRENDYnet ビジネス PC IT テクノロジー 医療 建設・不動産 環境 安全・安心

トップ 特集 ニュース 政治・経済 仕事・ひと 特設 新刊

総合トップ > 時評コラム > 松浦晋也の「宇宙開発を読む」

トピックス PR
ビジネス標準PCとして選ばれる確かな理由:独自設計,東京生産,11万時間の検証
徹底した自動化と熟達した手作業で、付加価値の高いPCの注文仕様に確実に応える
社員のメンタルヘルス対策の目的は「リスク管理」だけではない!
全米の空港で盗難されるノートPCは何と1日1万台以上! ビジネス情報は守れるか?
設置スペースが半分に、導入コストも最大34%オフになるサーバー! その性能は?

時評コラム

松浦晋也の「宇宙開発を読む」
政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴

この記事を携帯へ転送 | コメント(12件)

スペシャルサイト

NASAがアメリカ宇宙開発のすべてではない ECOマネジメント
地球環境問題─新たなる挑戦─
 「日本版NASA」という言葉には、1)日本からはNASAがアメリカの宇宙開 ITマネジメント
“高付加価値経営”のカギ
発のすべてを統括しているように見えていること、2)そのような組織を作れ
ば、日本でもNASAのような華々しい成果を挙げることでできるだろうという願
望——の2点が含まれている。しかしNASAは決して、アメリカの宇宙開発を統 アクセスランキング/時評コラム

括しているわけではない。 高速無料化、虚偽の説明は訂正すべきだ
鳩山新首相は「最初の100日間」で成果を
 まず、NASAは安全保障分野には関与していない。軍用通信衛星、軍用気象衛
民主党は理想と現実のギャップで苦しむ
星、GPSの測位衛星群、軍用に必要な宇宙技術などは、国防総省が管轄してい
「仕掛け」があれば、お父さんは家族の尊
る、偵察衛星や無線通信傍受のエリント衛星などには国家安全保障局(NSA) 「子ども手当」と「母子加算」の ヌルく
や中央情報局(CIA)も関与している。 自民党が反転攻勢に出るための条件
新型インフルエンザワクチンで、感染拡大
 しかも、国防総省はNASAとは別個の独立した技術開発計画も実施している。
団塊公務員の定年後
1980年代レーガン政権下で進められた戦略防衛構想(SDI)では、大規模な宇 鳩山民主が直面する雇用、農業、外交問題
宙技術の開発が国防総省主導で進められ、冷戦終結後はその成果が民間に開放 “老人国家”に未来はあるのか ∼若年世代…
された。また国防総省・国防高等研究計画局(DARPA)は継続的に宇宙分野の
技術開発に投資を行っており、様々な企業や大学などに技術試験衛星の打ち上
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090828/177228/?P=2 Page 1 of 4
政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴 | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 17/09/09 11:43 AM

技術開発に投資を行っており、様々な企業や大学などに技術試験衛星の打ち上
げと運用も含む技術開発を委託し、資金を提供している。

 予算面で見ても、NASAがアメリカ宇宙開発のすべてではないことは明らかで
ある。NASAの2008会計年度(2007年10月∼2008年9月)の予算は174億ド
ル(1ドル94円として1兆6356億円)だった。これに対して国防総省は同じ
2008会計年度に、空軍だけでも113億ドル(同1兆622億円)を支出してい
る。一般的に、NASA予算と、国防総省全体の宇宙分野への支出はほぼ等しいと
言われている。

 もちろんこの他に、気象衛星を運用する米海洋大気庁(NOAA)などの予算
も存在するわけだ。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
ビジネス・アウトソーシング比較サイト

この記事を携帯へ転送
総合トップへ 時評コラム トップへ | バックナンバー一覧へ BIZトレンドは「総務」「人事」「マーケティ
グ」の3つのカテゴリで、厳選された企業のB
バックナンバー一覧 サービスを一覧で比較し資料請求やお問い合
ができるサイトです。
今の日本宇宙開発に欠けているもの ∼長期的な視点に立った取り組みを
韓国のロケット羅老1号機、打ち上げに失敗 社員研修
メンタルヘルス
先行き混沌のGXロケット 鍵はJAXA宇宙輸送系の企画力
給与計算
公表された宇宙基本計画案(7)
社宅代行
さらに過去の記事一覧へ…
映像制作

注目のトレンドインフォメーション PR
時評コラム最新記事10
授業の理解度を向上させる 自宅PCを遠隔操作> なんとも危なっかしい鳩山新政権の船出
書画カメラの実力 ネットブックの新しい形
田原総一朗:鳩山新内閣の閣僚人事を分析し
林志行:秋本番、新型インフルエンザ第二波
事例で見る 持たざる経営を具現化する
今どきのキャリアアップ支援制 注目のSaaS×VPN 「子ども手当」と「母子加算」の ヌルくて
度 猪瀬直樹:高速無料化、虚偽の説明は訂正す
大前研一:鳩山新首相は「最初の100日間…
「仕掛け」があれば、お父さんは家族の尊敬
セミナー情報
新型インフルエンザワクチンで、感染拡大は
Cloud Computing Developer
自民党が反転攻勢に出るための条件
Day 2009
緊急開催!新型インフルエンザ
セミナー ∼最新動向と企業/団
体における対策について、事例
を含めてご紹介∼
Parallel Universe∼並列処理の
世界∼へようこそ インテル ソフ
トウェア・カンファレンス

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090828/177228/?P=2 Page 2 of 4
政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴 | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 17/09/09 11:44 AM

BPnet TRENDYnet ビジネス PC IT テクノロジー 医療 建設・不動産 環境 安全・安心

トップ 特集 ニュース 政治・経済 仕事・ひと 特設 新刊

総合トップ > 時評コラム > 松浦晋也の「宇宙開発を読む」

トピックス PR
ビジネス標準PCとして選ばれる確かな理由:独自設計,東京生産,11万時間の検証
社員のメンタルヘルス対策の目的は「リスク管理」だけではない!
全米の空港で盗難されるノートPCは何と1日1万台以上! ビジネス情報は守れるか?
設置スペースが半分に、導入コストも最大34%オフになるサーバー! その性能は?
徹底した自動化と熟達した手作業で、付加価値の高いPCの注文仕様に確実に応える

時評コラム

松浦晋也の「宇宙開発を読む」
政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴

この記事を携帯へ転送 | コメント(12件)

スペシャルサイト

NASAそのものも、一枚岩の組織ではない ECOマネジメント
地球環境問題─新たなる挑戦─
 NASAそのものも、一枚岩の行政組織ではない。その代表が、惑星探査を担当 ITマネジメント
“高付加価値経営”のカギ
するジェット推進研究所(JPL)である。日本では「ヴォイジャー」「ガリレ
オ」「カッシーニ」といった、JPLの探査機が「NASAの探査機」として報道さ
れる。このためJPLをNASAの下部組織と誤解している人も多いが、その認識は アクセスランキング/時評コラム

誤りだ。 高速無料化、虚偽の説明は訂正すべきだ
鳩山新首相は「最初の100日間」で成果を
 JPLは、「NASAからの予算で運営される、カリフォルニア工科大学の研究機
民主党は理想と現実のギャップで苦しむ
関」である。予算はNASAから出るし、インターネットでのドメイン名も
「仕掛け」があれば、お父さんは家族の尊
「jpl.nasa.gov」であるが、組織運営や意志決定の権限はカリフォルニア工科 「子ども手当」と「母子加算」の ヌルく
大学にある。 自民党が反転攻勢に出るための条件
新型インフルエンザワクチンで、感染拡大
 NASAは、宇宙科学の研究拠点を全米の主要大学に育成する方針で予算を組ん
団塊公務員の定年後
でいる。例えば、ジョンズ・ホプキンス大学の応用物理研究所(APL)は、 鳩山民主が直面する雇用、農業、外交問題
NASAの予算で冥王星探査機「ニューホライズンズ」、水星探査機「メッセン “老人国家”に未来はあるのか ∼若年世代…
ジャー」などを開発し、実際に運用している。また、ハッブル宇宙望遠鏡の運
用は、メリーランド大学に設置された宇宙望遠鏡科学研究所(STScI)が担当し
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090828/177228/?P=3 Page 1 of 4
政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴 | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 17/09/09 11:44 AM

用は、メリーランド大学に設置された宇宙望遠鏡科学研究所(STScI)が担当し
ている。

 つまり、かつての文部省・宇宙科学研究所のような独立した運用体制を持つ
組織が全米に複数存在するわけだ。現在の宇宙航空研究開発機構の下部組織と
しての宇宙科学研究本部とは、全く異なる体制で、アメリカは宇宙科学を推進
している。

 JPLほど独立性が強いわけではないが、その他のNASAのフィールドセンター
も決してワシントンD.C.のNASA本部に従属するものではない。それぞれに独
立性と権限を持って活動している。宇宙科学の一部と、地球観測業務などはゴ
ダード宇宙飛行センターが管轄している。ロケットの研究開発はマーシャル宇
宙飛行センターの管轄だが、ここは元来ドイツから来たフォン・ブラウンらの
拠点だったところで伝統的に独立色が濃い。

ビジネス・アウトソーシング比較サイト
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

BIZトレンドは「総務」「人事」「マーケティ
グ」の3つのカテゴリで、厳選された企業のB
この記事を携帯へ転送
サービスを一覧で比較し資料請求やお問い合
総合トップへ 時評コラム トップへ | バックナンバー一覧へ ができるサイトです。

社員研修
バックナンバー一覧
メンタルヘルス
今の日本宇宙開発に欠けているもの ∼長期的な視点に立った取り組みを
給与計算
韓国のロケット羅老1号機、打ち上げに失敗
社宅代行
先行き混沌のGXロケット 鍵はJAXA宇宙輸送系の企画力 映像制作
公表された宇宙基本計画案(7)
さらに過去の記事一覧へ…
時評コラム最新記事10
なんとも危なっかしい鳩山新政権の船出
注目のトレンドインフォメーション PR
田原総一朗:鳩山新内閣の閣僚人事を分析し
省エネルギーの時代から 省エネの悩み解消! 林志行:秋本番、新型インフルエンザ第二波
創エネ住宅の時代へ プロに聞く対策の秘訣 「子ども手当」と「母子加算」の ヌルくて
猪瀬直樹:高速無料化、虚偽の説明は訂正す
ICT化を推進する キーマンが語る 大前研一:鳩山新首相は「最初の100日間…
教育現場の現状とは? コンサルティング業界の今後
「仕掛け」があれば、お父さんは家族の尊敬
新型インフルエンザワクチンで、感染拡大は
自民党が反転攻勢に出るための条件
セミナー情報
Cloud Computing Developer
Day 2009
緊急開催!新型インフルエンザ
セミナー ∼最新動向と企業/団
体における対策について、事例
を含めてご紹介∼

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090828/177228/?P=3 Page 2 of 4
政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴 | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 17/09/09 11:46 AM

BPnet TRENDYnet ビジネス PC IT テクノロジー 医療 建設・不動産 環境 安全・安心

トップ 特集 ニュース 政治・経済 仕事・ひと 特設 新刊

総合トップ > 時評コラム > 松浦晋也の「宇宙開発を読む」

トピックス PR
全米の空港で盗難されるノートPCは何と1日1万台以上! ビジネス情報は守れるか?
社員のメンタルヘルス対策の目的は「リスク管理」だけではない!
徹底した自動化と熟達した手作業で、付加価値の高いPCの注文仕様に確実に応える
ビジネス標準PCとして選ばれる確かな理由:独自設計,東京生産,11万時間の検証
設置スペースが半分に、導入コストも最大34%オフになるサーバー! その性能は?

時評コラム

松浦晋也の「宇宙開発を読む」
政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴

この記事を携帯へ転送 | コメント(12件)

スペシャルサイト

情報収集衛星打ち上げ失敗が宇宙基本法制定のきっかけとなった ECOマネジメント
地球環境問題─新たなる挑戦─
 アメリカの実態からすれば幻想であるにも関わらず、「日本版NASA」という ITマネジメント
“高付加価値経営”のカギ
言葉は今や一人歩きし、「アメリカのような効率的な一枚岩体制を構築する」
という誤ったイメージを振りまいている。その根底には「アメリカはNASAを中
心とした一枚岩体制だから、あれだけ華々しい成果を挙げることができるの アクセスランキング/時評コラム

だ」という二重に誤った認識があるように思われる。 高速無料化、虚偽の説明は訂正すべきだ
鳩山新首相は「最初の100日間」で成果を
 これまで述べてきたように、アメリカの宇宙開発体制は大きくNASAと国防総
民主党は理想と現実のギャップで苦しむ
省に二分されており、しかもNASA内部も一枚岩ではない。アメリカの宇宙開発
「仕掛け」があれば、お父さんは家族の尊
の成果が華々しく見えるのは、一枚岩体制で効率よく宇宙計画を実施している 「子ども手当」と「母子加算」の ヌルく
からではなく、日本よりも遙かに多額の予算を投資しているからである。 自民党が反転攻勢に出るための条件
新型インフルエンザワクチンで、感染拡大
 にもかかわらず、今になって「日本版NASAを作る」という動きが出てきてい
団塊公務員の定年後
るのは、政治の側の文科省不信が非常に強くなっているからである。 鳩山民主が直面する雇用、農業、外交問題

 政治の文科省不信が始まったのは、2003年11月に情報収集衛星2機を搭載し “老人国家”に未来はあるのか ∼若年世代…

たH-IIAロケット6号機が打ち上げに失敗した時点からである。1960年代から
の自民党単独長期政権や1990年代の連立政権、その後の自公連立政権と、政治
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090828/177228/?P=4 Page 1 of 4
政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴 | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 17/09/09 11:46 AM

の自民党単独長期政権や1990年代の連立政権、その後の自公連立政権と、政治
は科学技術庁などが持ってくる宇宙計画に対してろくにチェックもせずに認め
印を押している状態だった。

 しかし、1998年に政治主導で導入が決まった情報収集衛星の打ち上げが失敗
したことで、政治の側は「なぜ失敗したのか」と考えるようになり、日本の宇
宙開発が1997年の地球観測衛星「みどり」の機能喪失事故以降、年1回の割合
で重大事故を起こしていることに気が付いた。

 彼らは事故の原因を、「文部科学省が、組織を維持するための“仕事作り”に
走り、技術のための技術開発ばかりをするようになったからだ」と判断した。
ここで芽生えた文科省不信が、「技術開発から実利用へ」を理念とした宇宙基
本法の制定に繋がった。

ビジネス・アウトソーシング比較サイト
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

BIZトレンドは「総務」「人事」「マーケティ
この記事を携帯へ転送
グ」の3つのカテゴリで、厳選された企業のB
総合トップへ 時評コラム トップへ | バックナンバー一覧へ サービスを一覧で比較し資料請求やお問い合
ができるサイトです。
バックナンバー一覧
社員研修
今の日本宇宙開発に欠けているもの ∼長期的な視点に立った取り組みを メンタルヘルス
韓国のロケット羅老1号機、打ち上げに失敗 給与計算
先行き混沌のGXロケット 鍵はJAXA宇宙輸送系の企画力 社宅代行
公表された宇宙基本計画案(7) 映像制作
さらに過去の記事一覧へ…

時評コラム最新記事10
注目のトレンドインフォメーション PR なんとも危なっかしい鳩山新政権の船出

IBMの金融危機オファリングは “あなたの仕事”も 田原総一朗:鳩山新内閣の閣僚人事を分析し


Season IIへ ネクスト・ステージへ 林志行:秋本番、新型インフルエンザ第二波
「子ども手当」と「母子加算」の ヌルくて
最新Windows Server、「R2」 省エネの悩み解消! 猪瀬直樹:高速無料化、虚偽の説明は訂正す
いよいよ登場! プロに聞く対策の秘訣
大前研一:鳩山新首相は「最初の100日間…
「仕掛け」があれば、お父さんは家族の尊敬
新型インフルエンザワクチンで、感染拡大は
セミナー情報
自民党が反転攻勢に出るための条件
Cloud Computing Developer
Day 2009
緊急開催!新型インフルエンザ
セミナー ∼最新動向と企業/団
体における対策について、事例
を含めてご紹介∼
Parallel Universe∼並列処理の

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090828/177228/?P=4 Page 2 of 4
政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴 | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 17/09/09 11:49 AM

BPnet TRENDYnet ビジネス PC IT テクノロジー 医療 建設・不動産 環境 安全・安心

トップ 特集 ニュース 政治・経済 仕事・ひと 特設 新刊

総合トップ > 時評コラム > 松浦晋也の「宇宙開発を読む」

トピックス PR
全米の空港で盗難されるノートPCは何と1日1万台以上! ビジネス情報は守れるか?
設置スペースが半分に、導入コストも最大34%オフになるサーバー! その性能は?
ビジネス標準PCとして選ばれる確かな理由:独自設計,東京生産,11万時間の検証
徹底した自動化と熟達した手作業で、付加価値の高いPCの注文仕様に確実に応える
社員のメンタルヘルス対策の目的は「リスク管理」だけではない!

時評コラム

松浦晋也の「宇宙開発を読む」
政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴

この記事を携帯へ転送 | コメント(12件)

スペシャルサイト

M-V廃止が、文科省不信を決定づけた ECOマネジメント
地球環境問題─新たなる挑戦
 私はもう一つ、2006年に文科省がM-Vロケットを廃止したことが、政治の ITマネジメント
“高付加価値経営”のカギ
側の文科省不信を決定的なものにしたと見ている。政治家、特に防衛族議員
は、M-Vロケットを「日本が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を開発する能力を保
有すると、諸外国を刺激することなくアピールするための格好の外交的な道 アクセスランキング/時評コ
具」として見ていた。 高速無料化、虚偽の説明は訂
鳩山新首相は「最初の100日
 M-Vは世界最大級、しかも最高レベルの性能を持つ全段固体のロケットであ
民主党は理想と現実のギャッ
る。しかし、その一方で、M-Vは一切の政治的背景なしに科学者が企画し開発
「仕掛け」があれば、お父さ
したロケットであり、科学者が主体になって運用されていた。各号機毎にカス 「子ども手当」と「母子加算
タマイズされ、量産は効かず、内之浦の発射設備からしか発射できない構造と 自民党が反転攻勢に出るため

なっていた。しかも、M-Vは、各種科学衛星の打ち上げで世界的な実績を挙げ 新型インフルエンザワクチン
団塊公務員の定年後
ていた。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090828/177228/?P=5 Page 1 of 5
政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴 | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 17/09/09 11:49 AM

団塊公務員の定年後
ていた。
鳩山民主が直面する雇用、農
 M-Vの技術はICBMにそのまま転用可能なことは国際的な常識だった。しかし “老人国家”に未来はあるのか
ながら、世界のどの国もM-Vを「日本のミサイル保有の野心を示すもの」と非
難することはできなかったのである。「平和憲法を持つ日本にとって、これ以
上の抑止力はない」というのが政治の側の認識だった。

 ところが文科省は、2003年の宇宙三機関統合後、真綿で首を絞めるように
M-V包囲網をせばめて、ついには廃止に追い込んでしまった。

 文科省がM-Vを廃止した背景には、1960年代に科技庁・文部省の間で起き
た「どちらの官庁がロケットを管轄するか」という権限争いがあったことは間
違いない。情緒的、かつ象徴的に書くならば、2001年の中央省庁再編でM-V
を運用していた宇宙研を傘下におさめた科技庁官僚は、40年近く昔の“怨念”を
甦らせて、「憎き東大ロケットの末裔」M-Vの命脈を絶ったのである。

 廃止が明らかになると、文科省には防衛族議員からの抗議の電話が集まっ
た。しかしすでに時遅しであった。後には「政治に対してにことわりもなくM-
Vを廃止した」という文科省不信が残った。
ビジネス・アウトソーシング
 M-Vの廃止は、宇宙行政の面でも産業政策の面でも禍根を残す愚策だった。
宇宙行政の面では、H-IIAとM-Vというまったく技術系統の異なる2種類のロ
ケットを運用することによる事故などに対するロバスト性を損なった。産業政 BIZトレンドは「総務」「人事
グ」の3つのカテゴリで、厳選
策の面では、H-IIA/三菱重工業、M-V/IHIエアロスペースという、国内ロケッ
サービスを一覧で比較し資料請
ト2社体制を崩し、三菱重工の独占という不健全な産業構造を形成してしまっ ができるサイトです。
た。宇宙行政については文科省の管轄なので問題になることはなかったが、産 社員研修
業政策面では経済産業省が「文科省に任せてはおれない」という危機感を抱く メンタルヘルス
ことになった。 給与計算
社宅代行
 組織の見直しを明記した宇宙基本法が制定され、内閣官房に宇宙開発戦略本
映像制作
部事務局が設置されると、政治は事務局トップを経産省出身者で固めるよう指
示を出した。「文科省の管轄から宇宙をはずす」「内閣府に統一した宇宙機関
時評コラム最新記事10
を作る」という動きが具体化することとなったのである。
なんとも危なっかしい鳩山新
田原総一朗:鳩山新内閣の閣
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ 林志行:秋本番、新型インフ
「子ども手当」と「母子加算
猪瀬直樹:高速無料化、虚偽
この記事を携帯へ転送
大前研一:鳩山新首相は「最
総合トップへ 時評コラム トップへ | バックナンバー一覧へ
「仕掛け」があれば、お父さ

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090828/177228/?P=5 Page 2 of 5
政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴 | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 17/09/09 11:51 AM

BPnet TRENDYnet ビジネス PC IT テクノロジー 医療 建設・不動産 環境 安全・安心

トップ 特集 ニュース 政治・経済 仕事・ひと 特設 新刊

総合トップ > 時評コラム > 松浦晋也の「宇宙開発を読む」

トピックス PR
設置スペースが半分に、導入コストも最大34%オフになるサーバー! その性能は?
ビジネス標準PCとして選ばれる確かな理由:独自設計,東京生産,11万時間の検証
社員のメンタルヘルス対策の目的は「リスク管理」だけではない!
全米の空港で盗難されるノートPCは何と1日1万台以上! ビジネス情報は守れるか?
徹底した自動化と熟達した手作業で、付加価値の高いPCの注文仕様に確実に応える

時評コラム

松浦晋也の「宇宙開発を読む」
政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴

この記事を携帯へ転送 | コメント(12件)

スペシャルサイト

情報公開と情報秘匿は両立しない ECOマネジメント
地球環境問題─新たなる挑戦
 自民党も民主党も、宇宙分野の管轄を文科省から内閣府に移管するという意 ITマネジメント
“高付加価値経営”のカギ
向を持っている。おそらくこの流れは選挙の結果がどのようなものになったと
しても変わらないだろう。
アクセスランキング/時評コ
 問題は、内閣府の下に設立される新たな宇宙開発組織が一体どこまでの範囲
を管轄するかである。具体的には安全保障分野までも含めるかどうかだ。マス 高速無料化、虚偽の説明は訂
鳩山新首相は「最初の100日
メディアには、内閣官房・内閣衛星情報センターが管轄している情報収集衛星
民主党は理想と現実のギャッ
や、防衛省が管轄しているミサイル防衛構想までもをまとめて管轄する「宇宙
「仕掛け」があれば、お父さ
庁」を設立するという図が流れている。 「子ども手当」と「母子加算
自民党が反転攻勢に出るため
 これは決して「日本版NASA」という言葉でくくれるものではない。アメリカ
新型インフルエンザワクチン
でいえば、NASAに加えて、各種大学の研究組織、国防総省の宇宙部門、NSAや

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090828/177228/?P=6 Page 1 of 4
政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴 | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 17/09/09 11:51 AM

でいえば、NASAに加えて、各種大学の研究組織、国防総省の宇宙部門、NSAや
団塊公務員の定年後
CIAも含めた巨大宇宙官庁を作るということである。 鳩山民主が直面する雇用、農

 私は、そのような組織を創設することに強く反対する。なぜならば、安全保 “老人国家”に未来はあるのか

障分野までをも一つの組織にまとめてしまうと「情報公開を基本とする分野」
と「情報秘匿を基本とする分野」が同一の組織で同一の原理によって行動する
ことになるからだ。

 そうなれば、日本の官庁の基本的な性向からして、まず間違いなく「情報秘
匿が基本となり、一部情報公開」ということになるだろう。となれば、情報公
開を基本とする分野が衰退することになる。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

この記事を携帯へ転送
総合トップへ 時評コラム トップへ | バックナンバー一覧へ

バックナンバー一覧
今の日本宇宙開発に欠けているもの ∼長期的な視点に立った取り組みを ビジネス・アウトソーシング
韓国のロケット羅老1号機、打ち上げに失敗
先行き混沌のGXロケット 鍵はJAXA宇宙輸送系の企画力
BIZトレンドは「総務」「人事
公表された宇宙基本計画案(7)
グ」の3つのカテゴリで、厳選
さらに過去の記事一覧へ… サービスを一覧で比較し資料請
ができるサイトです。

PR 社員研修
注目のトレンドインフォメーション
メンタルヘルス
IBM×日立= 省エネの悩み解消! 給与計算
圧倒的な性能と信頼性を実現 プロに聞く対策の秘訣
社宅代行
映像制作
ICT化を推進する 自宅PCを遠隔操作>
教育現場の現状とは? ネットブックの新しい形

時評コラム最新記事10

セミナー情報 なんとも危なっかしい鳩山新
田原総一朗:鳩山新内閣の閣
Cloud Computing Developer
Day 2009 林志行:秋本番、新型インフ
緊急開催!新型インフルエンザ 「子ども手当」と「母子加算
セミナー ∼最新動向と企業/団 猪瀬直樹:高速無料化、虚偽
体における対策について、事例
を含めてご紹介∼ 大前研一:鳩山新首相は「最

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090828/177228/?P=6 Page 2 of 4
政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴 | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 17/09/09 11:54 AM

BPnet TRENDYnet ビジネス PC IT テクノロジー 医療 建設・不動産 環境 安全・安心

トップ 特集 ニュース 政治・経済 仕事・ひと 特設 新刊

総合トップ > 時評コラム > 松浦晋也の「宇宙開発を読む」

トピックス PR
全米の空港で盗難されるノートPCは何と1日1万台以上! ビジネス情報は守れるか?
徹底した自動化と熟達した手作業で、付加価値の高いPCの注文仕様に確実に応える
設置スペースが半分に、導入コストも最大34%オフになるサーバー! その性能は?
ビジネス標準PCとして選ばれる確かな理由:独自設計,東京生産,11万時間の検証
社員のメンタルヘルス対策の目的は「リスク管理」だけではない!

時評コラム

松浦晋也の「宇宙開発を読む」
政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴

この記事を携帯へ転送 | コメント(12件)

スペシャルサイト

情報秘匿はありとあらゆる局面で宇宙開発に悪影響を及ぼす ECOマネジメント
地球環境問題─新たなる挑戦
 具体的に書いていこう。宇宙科学や宇宙工学、地球科学、地球観測などの分 ITマネジメント
“高付加価値経営”のカギ
野は、情報の公開と共有が基本原理となっている。この分野に秘匿の波が及ぶ
と、研究も技術開発も衰退することになる。現にアメリカでは911同時多発テ
ロ以降、アカデミックな世界での研究発表が「国家の安全のため」という理由 アクセスランキング/時評コ
から制限されることが多くなり、それを嫌った海外の研究者が欧州の学会など 高速無料化、虚偽の説明は訂
に逃げてしまい、アメリカが主催する国際学会の規模が縮小するといった現象 鳩山新首相は「最初の100日

が起きている。 民主党は理想と現実のギャッ
「仕掛け」があれば、お父さ
 また、安全保障までを同一組織に委ねることは、様々な面で宇宙開発と国民 「子ども手当」と「母子加算
との間の乖離を招くことになる。 自民党が反転攻勢に出るため
新型インフルエンザワクチン
 現在。情報収集衛星の開発はJAXAに委託されているが、その結果、JAXAの各

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090828/177228/?P=7 Page 1 of 5
政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴 | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 17/09/09 11:54 AM

 現在。情報収集衛星の開発はJAXAに委託されているが、その結果、JAXAの各
団塊公務員の定年後
センターなどの設備の警備は、周辺住民が「対応が冷たくなった」とこぼすほ 鳩山民主が直面する雇用、農
どに厳重になっている。フェンスや監視カメラが増えるだけならまだしも、種 “老人国家”に未来はあるのか
子島や角田では、ロケットエンジンの試験設備など、これまでは施設一般公開
時にごく普通に一般の人々を入れて公開していた設備が、警備対象となり一切
公開不可に指定された。すでに、明らかなやり過ぎが発生している。

 新たな組織が、安全保障までも業務とするならば、この傾向はいっそう強化
されることとなり、宇宙開発と一般国民との乖離を招くことになるだろう。

 過度の機密保持は、実務の現場の雰囲気も悪くする。すでにJAXAやメーカー
などでは、情報収集衛星関連の仕事を担当することになった者が、同じ組織内
であっても急に音信不通になり連絡がとれなくなるという現象が起きている。
「機密保持のために、たとえ仕事仲間であってもむやみやたらと会うな」とい
うわけだ。この傾向は官僚も同じであり、各官庁から内閣衛星情報センターへ
出向する者は、「名刺を関係者以外に渡すな」と厳命されている。

 このような雰囲気で、いったいどのようにして「良い仕事」をしろというの
だろうか。
ビジネス・アウトソーシング
 私の見るところ、機密保持を優先とする情報収集衛星は現段階においても、
日本の宇宙開発に多大な悪影響を与えつつある。その一方で、ほそぼそと漏れ
聞こえてくる成果はまったく芳しくない。 BIZトレンドは「総務」「人事
グ」の3つのカテゴリで、厳選
サービスを一覧で比較し資料請
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ ができるサイトです。

社員研修
メンタルヘルス
この記事を携帯へ転送
給与計算
総合トップへ 時評コラム トップへ | バックナンバー一覧へ
社宅代行
映像制作
バックナンバー一覧
今の日本宇宙開発に欠けているもの ∼長期的な視点に立った取り組みを
韓国のロケット羅老1号機、打ち上げに失敗 時評コラム最新記事10
先行き混沌のGXロケット 鍵はJAXA宇宙輸送系の企画力 なんとも危なっかしい鳩山新
公表された宇宙基本計画案(7) 田原総一朗:鳩山新内閣の閣
さらに過去の記事一覧へ… 林志行:秋本番、新型インフ
「子ども手当」と「母子加算
猪瀬直樹:高速無料化、虚偽
注目のトレンドインフォメーション PR 大前研一:鳩山新首相は「最

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090828/177228/?P=7 Page 2 of 5
政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴 | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 17/09/09 12:33 PM

BPnet TRENDYnet ビジネス PC IT テクノロジー 医療 建設・不動産 環境 安全・安心

トップ 特集 ニュース 政治・経済 仕事・ひと 特設 新刊

総合トップ > 時評コラム > 松浦晋也の「宇宙開発を読む」

トピックス PR
全米の空港で盗難されるノートPCは何と1日1万台以上! ビジネス情報は守れるか?
設置スペースが半分に、導入コストも最大34%オフになるサーバー! その性能は?
ビジネス標準PCとして選ばれる確かな理由:独自設計,東京生産,11万時間の検証
徹底した自動化と熟達した手作業で、付加価値の高いPCの注文仕様に確実に応える
社員のメンタルヘルス対策の目的は「リスク管理」だけではない!

時評コラム

松浦晋也の「宇宙開発を読む」
政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴

この記事を携帯へ転送 | コメント(12件)

スペシャルサイト
 最初の光学衛星は公称1mの分解能を達成できず2∼3mに留まった。 ECOマネジメント
地球環境問題─新たなる挑戦
 2006年7月5日、北朝鮮は7発のミサイルを連続して発射した。うち1発は、 ITマネジメント
大型のテポドン2号と推定されている。テポドン2号の打ち上げは失敗し、弾頭 “高付加価値経営”のカギ

部分が日本海に落下したが、この時内閣衛星情報センターは、情報収集衛星の
取得画像に漂流する弾頭が写っているのを見逃した。後にアメリカとの協議の アクセスランキング/時評コ
中で、弾頭部分が写っているのを指摘されたという。
高速無料化、虚偽の説明は訂
 今年度打ち上げ予定の、次世代情報収集衛星の光学センサーは60cnの分解能 鳩山新首相は「最初の100日

を持つ。一方、GoogleがGoogle Mapに採用しているアメリカの民間地球観測 民主党は理想と現実のギャッ


「仕掛け」があれば、お父さ
衛星「GeoEye」の画像は50cmの分解能を持つ。情報収集衛星の画像は、たと
「子ども手当」と「母子加算
え閣僚であっても直接見ることは難しい。一方Google Mapの画像は、世界中ど
自民党が反転攻勢に出るため
こからでも閲覧できる。 新型インフルエンザワクチン
団塊公務員の定年後
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090828/177228/?P=8 Page 1 of 6
政治の目指す“日本版NASA”の落とし穴 | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 17/09/09 12:33 PM

団塊公務員の定年後
 そのような組織の行動原理を、巨大な宇宙庁を設立することで、宇宙開発全
鳩山民主が直面する雇用、農
体に拡げようというのだろうか。
“老人国家”に未来はあるのか
 私には、政治の側が「日本版NASA」という言葉に酔っているように見える。

 宇宙分野を文科省から内閣府に移管するにあたって、組織をどのようにする
かは、さまざま案があるだろう。例えば宇宙科学を文科省に残すか否かは、か
なり大きな問題である。しかし大前提として安全保障とそれ以外の分野は、厳
密に分離すべきである。

 インターネットが普及した現状では、情報の公開と共有にかかるコストは劇
的に低下する一方で、情報の秘匿にかかる手間とコストは際限なく増加する傾
向にある。宇宙開発も情報を公開する分野と、情報を秘匿する分野を厳密に分
離して別組織とし、なおかつ情報を秘匿する分野を最小限に留め、将来的には
縮小していくという姿勢が必要なのではないだろうか。

松浦晋也(まつうら・しんや)

ノンフィクション・ライター。 1962年、
ビジネス・アウトソーシング
東京都出身。日経BP社記者として、1988年
∼1992年に宇宙開発の取材に従事。主に航空
宇宙分野で執筆活動を行っている。著書に
『われらの有人宇宙船』(裳華房)、『国産 BIZトレンドは「総務」「人事
ロケットはなぜ墜ちるのか』(日経BP社)、 グ」の3つのカテゴリで、厳選
火星探査機『のぞみ』の開発と運用を追った『恐るべき旅 サービスを一覧で比較し資料請
路』(朝日ソノラマ)、スペースシャトルの設計が抱える ができるサイトです。
問題点を指摘した『スペースシャトルの落日』(エクスナ
社員研修
レッジ)などがある。
メンタルヘルス
給与計算
社宅代行
映像制作

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8

時評コラム最新記事10
なんとも危なっかしい鳩山新
田原総一朗:鳩山新内閣の閣
皆様からお寄せいただいたご意見
林志行:秋本番、新型インフ
「子ども手当」と「母子加算
軍事=悪 純粋な科学技術=善 のような二元論はいかがなもんですかね。
猪瀬直樹:高速無料化、虚偽
「軍事へすり寄る愚」という表現にはすごい違和感感じますよ。
大前研一:鳩山新首相は「最
松浦氏が言っているのは、オープンな情報共有を必要とする科学技術開発と、軍 「仕掛け」があれば、お父さ
事面での開発は分けよということでしょう。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090828/177228/?P=8 Page 2 of 6