Anda di halaman 1dari 10

7-7

よぞら かがや あまのがわ てん かみ す


夜空に 輝 く天の川のそばに、 天 の 神 さまが住んでいます。
てん かみ ひとり むすめ なまえ おりひめ
  天 の 神 さまには一人の 娘 がいて、名前を、 織 姫 といいます。
おりひめ かみ きもの しごと
  織 姫 ははたをおって、 神 さまたちの着物をつくる仕事をしていました。
おりひめ としごろ てん かみ むすめ むこ むか
 さて、 織 姫 が 年 頃 になったので、 天 の 神 さまは 娘 にお 婿 さんを 迎 えてやろう
おも
と 思 いました。
いろいろさが み あまのがわ きし てん か ひこぼし
 そして 色 々 探 して見つけたのが、天の川の 岸 で 天 のウシを飼っている、 彦 星 とい
わかもの
う 若 者 です。
ひこぼし はたら りっぱ わかもの
 この 彦 星 は、とてもよく 働 く立派な 若 者 です。
おりひめ うつく むすめ
 そして 織 姫 も、とてもやさしくて 美 しい 娘 です。
ふたり あいて ひとめ み す
 二人は相手を一目見ただけで、好きになりました。
ふたり けっこん たの せいかつ おく
 二人はすぐに 結 婚 して、 楽 しい 生 活 を 送 るようになりました。
なか よ こま ふたり しごと わす あそ
 でも、 仲 が良すぎるのも 困 りもので、二人は仕事を 忘 れて 遊 んでばかりいるように
なったのです。
おりひめ きもの ふる
「 織 姫 さまがはたおりをしないので、みんなの着物が 古 くてボロボロです。はやく
あたら きもの い
新 しい着物をつくるように言ってください」
ひこぼし せ わ びょうき
「 彦 星 がウシの世話をしないので、ウシたちが 病 気 になってしまいました」
てん かみ もんく い く
  天 の 神 さまに、みんなが文句を言いに来るようになりました。
てん かみ おこ
  天 の 神 さまは、すっかり 怒 ってしまい、
ふたり あまのがわ ひがし にし わか く
「二人は天の川の、 東 と 西 に 別 れて暮らすがよい!」
おりひめ ひこぼし わかれわか
と、 織 姫 と 彦 星 を別れ別れにしたのです。
ひこぼし あ ひこぼし あ
「・・・ああ、 彦 星 に会いたい。・・・ 彦 星 に会いたい」
まいにち な つづ おりひめ み てん かみ い
  毎 日 泣き 続 ける 織 姫 を見て、 天 の 神 さまが言いました。
むすめ ひこぼし あ
「 娘 や、そんなに 彦 星 に会いたいのか?」

「はい。会いたいです」
いちねん いちど しちがつ なのか よる ひこぼし あ
「それなら、 一 年 に一度だけ、 七 月 七日の 夜 だけは、 彦 星 と会ってもよいぞ」
おりひめ いちねん いちど あ ひ たの まいにちいっしょうけんめい
 それから 織 姫 は、 一 年 に一度会える日だけを 楽 しみにして、 毎 日 一 生 懸 命 に
はたをおるのです。
あまのがわ む ひこぼし ひ たの てん か しごと だ
 天の川の向こうの 彦 星 も、その日を 楽 しみに 天 のウシを飼う仕事にせいを出しまし
た。
ま ま しちがつ なのか よる おりひめ あまのがわ わた ひこぼし あ
 そして待ちに待った 七 月 七日の 夜 、 織 姫 は天の川を 渡 って、 彦 星 のところへ会い

に行くのです。
あめ ふ あまのがわ みず ふ おりひめ かわ わた こと で き
 しかし 雨 が降ると天の川の 水 かさが増えるため、 織 姫 は 川 を 渡 る 事 が出来ません。
だいじょうぶ とき い とり と き
 でも 大 丈 夫 、そんな 時 はどこからともなくカササギと言う 鳥 が飛んで来て、
あまのがわ はし
天の川に 橋 をかけてくれるのです。
よぞら み あ ふたり さいかい しゅくふく
 さあ、あなたも夜空を見上げて、二人の 再 会 を 祝 福 してあげてください。
*************
 さくら
むかしむかし、桜谷というところに、おじいさんが孫の若者と一緒に住んでいました。

 この桜谷には、むかしから大きな桜の木があります。
 おじいさんは子どもの頃から桜の木と友だちで、春が来て満開の花を咲かせると、お
じいさんは畑仕事もしないで桜をうっとりとながめていました。
 そして花びらが散ると、おじいさんはその花びらを一枚一枚集めて木の下に埋めまし
た。
「桜や。今年も楽しませてくれて、ありがとうよ」

 さて、そのおじいさんもやがて年を取り、とうとう動けなくなりました。
 二月のある寒い日、おじいさんは北風の音を聞きながら、ぽつんと若者に言いました。

「わしは今まで生きてきて、本当に幸せじゃった。だが、死ぬ前にもう一度、あの桜の
花を見たいものじゃ」
「そんな事を言ったって、今は二月だ。いくら何でも・・・」
 若者はそう言いかけて、口をつぐみました。
 おじいさんが目をつむり、涙をこぼしているのです。
 きっと、桜の花の姿を思い浮かべているのでしょう。
「おじいさん、待っていろよ」
 若者はじっとしていられずに、外へ飛び出しました。
 そして冷い北風の中を走って、桜の木の下に行きました。
 今日は特別に寒い日で、桜の木も凍える様に細い枝先を震わせています。
 若者は桜に手を合わせると、頼みました。
「桜の木よ。どうか、お願いです。花を咲かせて下さい。おじいさんが死にそうなんで
す。おじいさんが生きている間に、もう一度花を見せてやりたいんです」
 若者は何度も何度も祈り続けて、夜が来ても木の下を動こうとはしませんでした。

 やがて夜が明けて、朝が来ました。
 桜の木の下で祈り続けていた若者は、あまりの寒さで気を失っていましたが、急に暖
かさを感じて目を覚ましました。
「どうして、こんなに暖かいんだ? それに、甘い花の香りがするぞ」
 若者はゆっくりと顔をあげて、桜の木を見あげました。
「あっ!」
 何と不思議な事に、桜の木には枝いっぱいに花が咲いていたのです。
 二月のこんなに寒い日に、しかもたった一晩で咲いたのです。
「ありがとうございます!」
 若者は桜の木に礼を言うと、おじいさんの待つ家へ走って帰りました。

「おじいさん! おじいさん! 私がおんぶするから、一緒に来て下さい」
「何じゃ? どうしたんじゃ?」
「いいから、出かけますよ」
 若者はおじいさんを背負うと、桜谷へと向かいました。
 やがて、桜の木がだんだん近づいて来ると、
「おおっ・・・」
 おじいさんは驚いて言葉も出せずに、ただ涙をぽろぽろとこぼしました。
「よかったですね。おじいさん」
 桜の花は朝日を浴びて、キラキラと光り輝いています。
「これほど見事な桜の花を、わしは今まで見た事がない。わしは、本当に幸せ者じゃ」
 そうつぶやくおじいさんに、若者も涙をこぼしながら頷きました。

 それから間もなく、おじいさんは亡くなりましたが、それからも桜谷のこの桜の木は、
毎年二月十六日になると見事な花を咲かせたそうです。
****
うさぎ  
 むかしむかし、サルとキツネとウサギが、神さまのところへ行きました。
「神さま、どうかお願いです。こんど生まれてくる時は人間にしてください」
 すると、神さまが言いました。
「人間に生まれたいのなら、自分の食べ物を人間にごちそうすることだ」
 そこでサルは山へ行き、クリやカキの実をとってきました。
 キツネは川へ行って、魚をつかまえてきました。
 ところがウサギの食べ物は、やわらかい草です。
 今は冬なので、やわらかい草は一本もありません。
(こまったなあ。どうしよう?)
 ウサギはガッカリして、サルとキツネのいるところへもどってきました。
「ウサギさん、きみのごちそうはどうしたの?」
「だめだよ。草はかれているし、木のめは、まだ出ていないんだ」
 すると、サルが言いました。
「それじゃ、ウサギさんはいつまでも、ウサギのままでいるんだな」
「そうだよ。ごちそうも持ってこないで人間に生まれかわりたいなんて、ウサギさんは
ずるいよ」
 キツネも、おこって言いました。
「ごめん。でも、もう一日だけ待って」
 次の日、ウサギは山へ行くと、かれ木をひろい集めてきました。
 そしてサルとキツネの前に、かれ木をつみあげて言いました。
「今からごちそうを焼くから、火をつけておくれ」
 サルとキツネが火をつけると、かれ木はパッと燃え上がりました。
「ぼくのごちそうはないんだ。だから、・・・だから、ぼくを人間に食べさせておく
れ」
と、言うなり、ウサギは火の中に飛び込んだのです。
 その時、空の上から神さまがおりてきて、さっとウサギをだきかかえると、また空へ
のぼっていきました。
 サルもキツネも、ビックリ。
 すると、神さまが言いました。
「サルもキツネも、きっと人間に生まれかわれるだろう。なにしろ、自分の大切な食べ
物を人間にごちそうしようとしたからね。それは、とても素晴らしい事だ よ。でもウ
サギは、もっと素晴らしい。自分をすててまで、人間に食べさせようとしたのだからね。
ウサギをお月さまの国で、いつまでも幸せにしてあげよう」
 神さまにだきかかえられて、ウサギは空高くのぼっていきました。
 その時からウサギは、お月さまのなかで楽しくくらしているという事です。

*************

お月見について
お月見について
 お月見とは、旧暦の8月 15 日に月を鑑賞する中国の宮廷行事で、お団子やお餅(中国
では月餅)、ススキ、サトイモなどをお供えして月を眺めます。

 日本ではお月見の習慣は縄文時代からありましたが、中国から奈良時代に伝わった中
国のお月見と日本のお月見が一緒になり、8月 15 日だけでなく9月 13 日にもお月見を
する日本独自のお月見が誕生しました。

 その為に日本では、旧暦8月 15 日の月見を「十五夜」「中秋の名月」と呼び、旧暦
9月 13 日の月見を「十三夜」「後の月」と呼びます。

 ちなみに旧暦9月 13 日の月見は日本独自の物で、中国にはありません。

お月見の日にち
お月見の日は旧暦で作られるため、現在の新暦では毎年日にちが異なります。

2010年 中秋の名月 ( 9月22日) 後の月 (10月20日)


2011年 中秋の名月 ( 9月12日) 後の月 (10月 9日)
2012年 中秋の名月 ( 9月30日) 後の月 (10月27日)
2013年 中秋の名月 ( 9月19日) 後の月 (10月17日)
2014年 中秋の名月 ( 9月 8日) 後の月 (10月 6日)
2015年 中秋の名月 ( 9月27日) 後の月 (10月25日)
2016年 中秋の名月 ( 9月15日) 後の月 (10月13日)
2017年 中秋の名月 (10月 4日) 後の月 (11月 1日)
2018年 中秋の名月 ( 9月24日) 後の月 (10月21日)
2019年 中秋の名月 ( 9月13日) 後の月 (10月11日)
2020年 中秋の名月 (10月 1日) 後の月 (10月29日)

むかしのお月見
  今のお月見は夜空に浮かぶお月さまをそのままながめますが、平安時代のお月見は
直接お月さまを見ることはなく、舟に乗って水面にゆれるお月さまを 楽しんだり、池や
杯にお月さまをうつして 楽しんだと言われています。

とても、風情がありますね。

 また、お月見は芋名月とも呼ばれ、秋の収穫を祝う収穫祭の意味も込められ、今でも
仏教の寺院では豊作を祈る 満月法会が行われているところがあります。

世界のお月さまに 対す る 考 え 方
 意外かも知れませんが、月を神聖な物と考えてお祝いをする国はアジアと中近東の一
部で、多くの国では月を不吉な物のシンボルとしています。

 特にヨーロッパでは満月が人の心をかき乱し、犯罪や殺人や自殺が多発すると考えら
れています。
 月の女神は死を暗示していますし、月を見てオオカミに変身するオオカミ男の話は有
名ですね。

 イギリスでは月光を長く浴びると「月狂病」と言う精神異常が起こると言われていま
す。
 アイスランドでも、妊婦が月に向かって座ると精神異常が起こると言われています。
 またブラジルでは、新生児を月の光に当ててはいけないと言われています。

*****

青い煙のヒツジ
むかしむかし、ピレネー山脈の山の中に、おじいさんのヒツジ飼いが住んでいました。
 おじいさんは夕方なると、あちこちで草を食べているヒツジたちを、みんな呼び集め
なければならないので、とても大忙しです。
 もし、ヒツジを山に残したままにすると、夜の間にオオカミに襲われてしまうからで
す。
「さあ、早くこっちへ来るんだ」
 おじいさんはムチを振り上げて命令しますが、ヒツジたちは、なかなか言う事をきき
ません。
「何をしている! こっちへ来ないか」
 いくらどなっても、ヒツジたちは知らん顔で草を食べています。

 すると、これを見ていた妖精が、おじいさんをこう言いました。
「おじいさん。この棒をかまどの火に入れて、立ち上る青い煙で好きな物の姿を描いて
ごらんなさい。それが、きっとヒツジを呼び集めてくれるでしょう。そうすれば、おじ
いさんは、のんびりと星空をながめていられるでしょう」
 おじいさんは、さっそく妖精がくれた棒をかまどに入れました。
 そして立ち上る青い煙の中で棒を動かして、若いヒツジ飼いを描きました。
 その若いヒツジ飼いは王子のように上品で、羽の付いたぼうしをかぶり、まっ赤なマ
ントを着ています。
 おじいさんは、その若いヒツジ飼いに頼みました。
「どうか、ヒツジたちを呼んで来ておくれ」
 若いヒツジ飼いは角笛を吹くと、動かないヒツジたちにムチを振りましたが、ヒツジ
は草を食べるのに夢中で見向きもしません。
「・・・若い奴では駄目か」
 しょんぼりと戻ってきた若いヒツジ飼いを、おじいさんは棒の先でなでて消しました。

「よし。今度は番犬にしよう」
 おじいさんは青い煙で、今度は大きな犬を描きました。
「さあ番犬よ。ヒツジたちを呼んで来ておくれ」
「ワンワン!」
 番犬は、風の様に走りまわりました。
「おっ、今度はうまく行くかな?」
 おじいさんが見ていると、番犬に吠えられたヒツジは草を食べるのを止めましたが、
でも番犬を怖がって動こうとしません。
「・・・番犬では駄目か」
 おじいさんは、番犬も棒の先でなでて消しました。
「番犬が駄目なら、オオカミはどうだろう?」
 おじいさんがオオカミを描くと、オオカミは鋭く、
「ウォーーーーン!」
と、吠えました。
 そのオオカミの声を聞いたヒツジたちは、びっくりして逃げ出しました。
「そうそう、その調子だ。そうやって、ヒツジを一頭残らず連れてきておくれ」
 おじさんは、今度こそはと期待しましたが、オオカミはヒツジを連れてくるどころか、
逃げるヒツジを捕まえては食べ始めました。
「・・・オオカミでは駄目か」
 おじいさんはがっかりして、オオカミも消しました。
「ああ、若いヒツジ飼いも、番犬も、オオカミも、どれも役に立たなかった」
 おじいさんは、もう一度かまどの前に座って考えました。
「これまでは、力ずくでヒツジを集めようとしたけど駄目だった。北風と太陽の話にあ
るように、力ずくではなく、相手の気持ちになって考えれば、うまく行くかもしれん
ぞ」
 おじいさんは、今度は年寄りのヒツジを一頭描きました。
「年寄りは話し上手なはず。年寄りのヒツジさんよ、どうかわしのヒツジたちに、面白
い話をしてやってくれないか?」
「メェーー」
 年寄りのヒツジは、静かにうなずきました。
 もう体が弱っているので、遠くまで歩く事が出来ません。
 そこで近くの野原にうずくまると、ぽつりぽつりと話し始めました。
「これは、わしが若かった頃に聞いた話しだが・・・」
 すると、どうでしょう。
 まもなく十頭、二十頭、三十頭と、ヒツジたちが残らず年寄りのヒツジのまわりに集
まり、そのおもしろい話に耳を傾ける様になりました。

 その日から、夕暮れになるといつも年寄りヒツジのまわりにヒツジたちが集まってき
ます。
 おかげで、おじいさんは星空をのんびりながめていられるようになりました。

******

病気に関する昔話
たのきゅう
むかしむかし、あるところに、たのきゅうという旅の役者がいました。
 おかあさんが病気だという手紙がきたので、大急ぎでもどってきました。
 ところが、ある山のふもとまでくると、日が暮れてしまいました。
 でも、たのきゅうは親孝行者だったので、早くおかあさんに会いたいと、そのまま山
を登りかけました。
 すると、茶店のおばあさんがたのきゅうに、いいました。
「およしなさい。この山には、大きなヘビがいるから、夜はあぶないよ」
 でも、たのきゅうは、病気のおかあさんが心配なので、山へ登っていきました。
 そして、峠でひと休みしていると、しらがのおじいさんが出てきていいました。
「おまえさんは、だれだ?」
「わしは、たのきゅうというもんじゃ」
と、たのきゅうは、答えました。
 だけど、おじいさんは「たのきゅう」を「たぬき」と、聞きまちがえました。
「たぬきか。たぬきなら、化けるのがうまいだろ。さあ、化けてみろ。わしは大ヘビだ。
わしも化けているんだ」
 大ヘビと聞いて、たのきゅうはビックリ。
「さあ、はやく化けてみろ。それとも、化けるのがへたなのか?」
 ブルブルとふるえていた、たのきゅうですが、大ヘビにへたと言われて、役者だまし
いに火がつきました。
「まっていろ、いま、人間の女に化けてやる」
 たのきゅうは、にもつの中から取り出した女のかつらと着物を着て、おどって見せま
した。
「ほほう、思ったよりじょうずじゃ」
と、おじいさんは、感心しました。
 そして、
「ときに、おまえのきらいな物は、なんじゃ?」
と、聞きました。
「わしのきらいなのは、お金だ。あんたのきらいな物は、なんだね?」
 たのきゅうも、たずねました。
「わしのきらいな物は、たばこのヤニと、かきのシブだ。これをからだにつけられたら、
しびれてしまう。おまえは、たぬきだからたすけてやるが、このことはけっして、人間
にいってはならんぞ。じゃ、今夜はこれで別れよう」
 そういったかと思うと、おじいさんの姿は、見えなくなってしまいました。
 たのきゅうは、ホッとして山をおりました。
 ふもとに着くと、ちょうど夜が明けました。
 たのきゅうは、村の人たちに、タベ、大ヘビから聞いた話をしました。
「と、いうわけだから、たばこのヤニと、かきのシブを集めて、大ヘビのほら穴に投げ
込むといい。そうすれば、大ヘビを退治できて、安心して暮らせるというもんじゃ」
 それを聞いて、村の人たちは大喜びです。
 たばこのヤニと、かきのシブを、できるだけたくさん集めて、大ヘビのほら穴に投げ
こみました。
「うひゃーあ、こりゃあ、たまらねえ!」
 大ヘビは死にものぐるいで、となりの山に逃げ出して、なんとか命だけは助かりまし
た。
「こりゃあ、きっと、あのたぬきのやつが、わしのきらいな物を人間どもにしゃベった
にちがいない。おのれ、たぬきめ! どうするか覚えてろ!」
 大ヘビは、かんかんになっておこりました。
 そして、たのきゅうが、いちばんきらいな物は、お金だということを思い出しました。

 そこで、大ヘビは、できるだけたくさんのお金を集めて、たのきゅうの家をさがして
歩きました。
 そして、やっと、たのきゅうの家をさがしあてましたが、戸がピッタリしまっていて、
中にはいれません。
「さて、どうやってはいろうか? ・・・うん?」
 そのとき、大ヘビは、屋根にあるけむり出し口を見つけました。
「それえっ、たぬきめ、思い知れっ!」
 大ヘビは、けむり出し口からお金を投げこんでいきました。
 おかげで、たのきゅうは、大金持ちになり、おかあさんの病気もなおって、しあわせ
に暮らしましたとさ。

****

ことあるごとに、何度も何度も思い出す失恋のシーン 。 勉 強をしていても、仕事を
していても、ご飯を食べていても、眠ろうとしていても、心の中で自然とくり返される。
心の中の失恋リピートはツラい…。もしこうし ていたら、もしあんなことが言えたな
ら、もしそんなことがなかったら、っていう「もし」もキリがなく、前に進めない。そ
んな思考回路を、なんとか止めたい と思っているのに、なかなか、それが出来ない。
失恋の痛手…

それは、きっと、失恋シーンといっしょに、幸せを感じていた日々 、その時の想い
やシーン も、思い浮かんでくるから…。いっそ、別れのシーンといっしょに、幸せ
な日々も忘れたい。きれいさっぱり、なかったことにして欲しい、そうは思っていても、
心の方が、記憶をたぐり寄せてしまう。
このサイトは、そんな失恋の記憶を過去のものと出来るよう、背中を押してくれる名言
といい言葉だけが集めています。

***********

オンライン、オフライン …

人生には、
即つながるオンラインの時間も
必要だけれど、
誰ともつながらないオフラインも
必要なんだ。

--------------------

なやみごとのこたえは、 …

なやみごとのこたえは、
占いや他人のアドバイスのなかには
ないんですもの。

ほんとうのこたえは
いつだって自分のなかに
あるものよ。

(魔女スピカからの手紙、あんびるやすこ)

-------------------------

男女というのはいろんな状況を乗り越えて …

男女というのは
いろんな状況を乗り越えて
いかなければならないし、
恋愛というのは
一言ではいえないもの。

たとえば悲しいことがあっても
世界の中で起こっている様々な現実に
目を向ければ、
それは小さなことに思える。

(藤原紀香)

--------------------------------

昨日まで何があろうと、
また今日から
残りの人生が始まる。

人生の最後の日がくるまで、
毎日 が 新 し い
始まりなのである。

(雑誌 「 プ レ シ ャス」、桐島洋子)

»友達に、いい言葉カードを送る 3346

【コメント】

終わって欲しいことが、
なかなか終わらず、

始まって欲しいことが、
なかなか始まらない。

そんなことを気にしているうちに、
大切なことが、
知らないうちに始まっていて、
知らないうちに終わっていたりもする。

人生って、なんなんだ?

一生懸命にやれば、
なんでも成功するわけじゃない。

いいタイミングというものもある。

うまくいかなかったことは、
何もかもすべて過去のこと。

忘れてしまっているけれど、
うまくいったことも、
何もかもすべて過去のこと。

きれいさっぱり忘れて、
新しい今日だけに集中したい自分。

けれども、まわりは、
昨日のことまでもしっかり 覚えている。
ははは…

そこも踏まえて、
自分だけは新しい今日に
集中してやるんだ!
くらいの気合で、
今日に立ち向いましょう。

応援しまーす。

(参考)
**************

弱いからって …

弱いからって
それは悪いことじゃないもの。

わたしたちは
弱いかもしれないけれど、
でもこの弱さは
とても意味のある弱さだもの。

**