Anda di halaman 1dari 24

マニュアル

この説明書に含まれる情報は、予期せぬ変更を含み、NATIVE INSTRUMENTS GmbH の側で責任


を代理するものではありません。この説明書によって記述されるソフトウェアはライセンス同意を必要
とし、他の媒介に複製してはなりません。NATIVE INSTRUMENTS GmbH が事前に書面で許可し
ない限り、どのような目的においても、この出版物のいかなる部分も複製、複写、またはその他の方法
での伝達や記録することは許されません。全ての製品・会社名は各所持者の登録商標です。
加えて、これを読む人は、このソフトを正規に購買したものであるとします。お客様のおかげで私達は
より良いツールを製作していくことが可能になるので、ここに謝辞を惜しむものではありません。

マニュアル編集 André Benedix
Version: 1.1 (02/2009)

製品の向上とバグ報告に関ったベータテスト参加者に特別な感謝をささげます.
Germany
Native Instruments GmbH
Schlesische Str. 28
D-10997 Berlin
Germany
info@native-instruments.de
www.native-instruments.de

USA
Native Instruments North America, Inc.
5631 Hollywood Boulevard
Los Angeles, CA 90028
USA
sales@native-instruments.com
www.native-instruments.com

MASSIVE was designed and developed entirely by Native Instruments GmbH. Solely the name
Massive is a registered trademark of Massive Audio Inc, USA.

© Native Instruments GmbH, 2009. 無断複写・転載を禁じます。


1. ドライバ インストール
インストーラーが接続を許可するまでAUDIO 4 DJをコンピュータに接続しないでください。
この章ではAUDIO 4 DJを使用するために必要な、ドライバとソフトウェアのインストールについ
て段階ごとに解説します。

1.1 AUDIO 4 DJドライバをWindows XPと


Windows Vistaにインストールする
1. 使用しているコンピューターのCD/DVD-ROMドライブにインストールCD-ROMを挿入して
ください。
2. Windows Explorerを使用し、CDの内容を閲覧します。
3. インストールファイルである、“AUDIO 4 DJ Driver Setup”をダブルクリックします。


4. “Next.”をクリックします。

AUDIO 4 DJ – 

5. 続行するには、使用許諾に同意する必要があります。 使用許諾を読み、同意するためのチェ
ックボックスをチェックし、“Next.”をクリックします。


6. ドライバをインストールするフォルダを選択します。 デフォルトパスを使用する場合は、その
まま、“Next.”をクリックします。 インストール先を指定する場合は、“Change”をクリックし、
Audio 4 DJドライバをインストールするフォルダを選択してから、“Next.”をクリックします。

AUDIO 4 DJ – 

7. AUDIO 4 DJ ショートカットを追加するWindowプログラムフォルダーを選択します。デフォ
ルトパスを使用する場合は、そのまま、“Next”をクリックします。 カスタムフォルダを設定す
るには、ファイルパスと名称を入力し、”Next”をクリックします。

AUDIO 4 DJ – 
8. インストールウィザードの指示に従い、”Next”をクリックしてインストールを開始します。 前
のダイアログページに戻る場合は、“Back.”をクリックします。 インストールを中止する場合
は、“Cancel.”をクリックします。 “Next”をクリックして次に進みます。


9. ドライバのインストール中にドライバがWindowsロゴテストを通過しないといった内容の
メッセージが表示される場合があります。 このウインドウは無視して結構です。 その場合
は、”Continue Anyway” (Windows XPの場合) または “Install” (Windows Vista上記
参照) をクリックし、インストールを続けてください。


10. インストールが正常に行われたか確認し、“Finish.”をクリックします。

AUDIO 4 DJ – 
11. インストーるが終了した後、同封のUSBケーブルを使用してAUDIO 4 DJをコンピュータの
USBポートに接続します。 WindowsがAUDIO 4 DJ を認識し、インストールの最終仮定を
開始します。 Windowsがドライバをインターネットで検索するように促してくる場合は“No”を
! USB 1.1ポートにAUDIO 4 DJ を
インストールすることはできませ
ん。USB 2.0ポートを使用してください
選択してください。 複数のドライバコンポーネントをインストールしてある場合は、インスト
ール画面が2回繰り返されますが、これはエラーではありませんので、そのままインストール
を終了するのに最適な選択を行ってください。

AUDIO 4 DJ – 
1.2 AUDIO 4 DJドライバをMac OS Xにインスト
ールする
1. 使用しているコンピューターのCD/DVD-ROMドライブにインストールCD-ROMを挿入して
ください。 Mac OS X Finderにアイコンが表示されます。
2. “AUDIO 4 DJ” CDアイコンをダブルクリックし、CDの内容を表示します。
3. インストールファイルをダブルクリックします。


4. “Continue”をクリックして進みます。

AUDIO 4 DJ – 

5. インストール先のボリュームを選択し、“Continue.”をクリックし次に進みます。


6. “Install”をクリックしドライバをデフォルトパスにインストールします。または“Change
Install Location”をクリックし、カスタムインストールパスを選択してから、“Install.”をク
リックします。

AUDIO 4 DJ – 10

7. 次のスクリーンではインストールが終了したら、コンピューターの再起動をする必要があると
表示されます。 他のアプリケーションを使用している場合は、全てのアプリケーションを閉
じて下さい。 “Continue Installation.”をクリックし、作業を続行します。


8. インストールが正常に完了するとMacを再起動するよう促されます。“Restart”をクリックし、
コンピュータを再起動します。
9. コンピュータを再起動した後、 Macの有効なUSB2.0ポートに、同封してあるUSBケーブル
を使用して、AUDIO 4 DJを接続してください。
! USB 1.1ポートにAUDIO 4 DJ を
インストールすることはできませ
ん。USB 2.0ポートを使用してください

AUDIO 4 DJ – 11
2. AUDIO 4 DJ ハードウェア
この章ではAUDIO 4 DJのコントロール各部とコネクタ各部について解説します。 幾つかの機能
については後に詳しく触れるので各章を参照してください。

2.1 フロント・パネル

1 - ヘッドフォンボリューム
このノブを使用してヘッドフォン出力レベルを調整します。 ヘッドフォンアウトプットはアウトプッ
トチャンネルBに接続します。

2 - ヘッドフォンアウトプット
この¼”ソケットにヘッドフォンを接続します。

AUDIO 4 DJ – 12
2.2 リア・パネル

1 - USB 2.0ポート
AUDIO 4 DJをコンピュータに接続します。 USB 2.0接続することで、データの伝達とAUDIO
4 DJへの電源供給をまかないます。 これにより、他の電源を使用する必要がなくなります。

2 - インプットA & B
これらのインプットは2xステレオインプットまたは、4xモノインプットチャンネルとして使用するこ
とが可能です。

3 - アウトプットA & B
これらのアウトプットを2xステレオインプットまたは、4xモノアウトプットチャンネルとして使用す
ることが可能です。

4 - グラウンドスクリュー
ターンテーブルのアース線をここに接続し、オーディオシグナル内で発生するハムノイズや、グラ
ウンドループ等の発生を回避します。

AUDIO 4 DJ – 13
2.3 ステータスLED

1 - チャンネルAとチャンネルB:
これらのLEDでAUDIO 4 DJのオーディオ出入力シグナルをグリーンのライトで表示します。 イ
ンプットシグナルレベルが大きすぎる場合は、LEDの赤部分が点灯します。

2 - USB:
AUDIO 4 DJが接続されていると、このLEDが緑表示します。 AUDIO 4 DJをコンピュータに接
続していても、USBステータスLEDが反応しない場合は、AUDIO 4 DJマニュアルの“USBトラブ
ルシューティング”の章を参照してください。

3 - インプットモード(チャンネルAとチャンネルB):
色表示LEDで、選択したインプットモードを確認することが可能です。
AUDIO 4 DJ セッティングツールを使用し、3章で解説するようにインプットモードを選択、すな
わちAUDIO 4 DJのインプットを使用して、ライン入力やフォノ音声を受け入れます。

AUDIO 4 DJ – 14
3. セッティングツール
この章ではAUDIO 4 DJセッティングツールについて解説します。 セッティングツールで機器の
状況の表示、および機器の設定を行います。

3.1 セッティングツールを開く
► Mac OS Xでは、 Applications をダブルクリック、 > Audio 4 DJ Driver > Settings
Tool の順でセッティングツールを開きます。
► Windows XPでは、Start > All Programs > Native Instruments > Audio 4 DJ Driver
> Settings Tool の順にクリックし、セッティングツールを開きます。

AUDIO 4 DJ – 15
3.2 セッティングツールを理解する

1 - コントロールパネル
Control Panel(コントロールパネル)ボタンをクリックしてコントロールパネルを開きます。 コン
トロールパネルの詳細に関しては、AUDIO 4 DJ マニュアルを参照してください。

2 - USBコネクションモニター
これはステータスLEDで、AUDIO 4 DJが使用しているコンピューターへの接続の有無を表示し
ます。 ! セッティングを変更するには、使用
しているコンピューターに、AUDIO
4 DJがUSB 2.0を介して接続されている必
AUDIO 4 DJが使用しているコンピューターに接続されていない場合、USB Connection 要があります。
Monitor LED(USBコネクションモニターLED)は黒(スイッチオフの状態)のままです。
AUDIO 4 DJが使用しているコンピューターに接続されている場合、USBコネクションモニター
LED(USB Connection Monitor LED)は緑表示します。

AUDIO 4 DJ – 16
3 - インプットモード
インプットモードセレクタでインプットチャンネルA、Bを選択します。
Line:CDプレーヤー、コントロールCD、キーボード等のラインレベルオーディオソースを使用する
場合は、このモードを選択します。
Phono: ターンテーブルの音声を録音する場合は、このモードを使用します。
Vinyl Control: コントロールヴァイナルを使用する場合は、このモードを使用します。

4 - インプットゲインセレクター
Phono Input Mode(フォノインプットモード)のインプットレベルをコントロールします。 ヴァイ
ナルコントロールモード使用時のみに有効です。

AUDIO 4 DJ – 17
4. AUDIO 4 DJの設定例
この章ではAUDIO 4 DJの一般的なセットアップについて解説します。 各個人のセットアップと
ここで紹介する設定例は異なりますがここでの例を応用して任意の設定にカスタマイズしてくだ
さい。

4.1 AUDIO 4 DJとTRAKTORの併用


以下の項目ではNATIVE INSTRUMENTS社の、TRAKTORソフトウェアを使用するためのAUDIO
4 DJの設定方法を紹介します。 ここで解説する機能は全TRAKTORの各バージョンで同一です
ので、ここでは呼称を全てTRAKTORとします。

4.1.1 シンプルなTRAKTORの設定

物理設定
1. AUDIO 4 DJのアウトプットペア1/2 (Ch. A)をアンプ、またはパワー度スピーカーに接続し
ます。
2. AUDIO 4 DJ のヘッドフォンアウトプットにヘッドフォンを接続します。

ラップトップDJ用にAUDIO 4 DJを使用するには、上の図のように機器を接続してください。

AUDIO 4 DJ – 18
ソフトウェア設定
1. TRAKTORを開きます。
2. Preferences > Audio Setup > Audio Setup の順で進んでください。
オーディオ機器リストから、AUDIO 4 DJ を選択します。
3.
4. 次に、Preferences > Audio Setup > Output Routing の順にクリックします。 !
この設定ではAUDIO 4 DJをライン
モードにしておく必要があります。

5. 内部ミキシングモード(Internal Mixing Mode)を選択します。


6. アウトプットモニターとしてチャンネル3/4を選択試聴用に設定します。
7. アウトプットマスターとしてチャンネル1/2 (Ch. A) を選択します。
8. 環境設定(Preferences)を閉じます。
9. TRAKTORのマスターパネルにあるVol Knobでヘッドフォンレベルを調節し、更にAUDIO
4 DJのヘッドフォンボリュームノブを調節します。

セットアップのテスト
1. TRAKTORのブラウザリストから各デッキにトラックをドラッグし、Play/Pause ボタンを押
します。
2. Crossfader(クロスフェーダー) を左いっぱいにします(Deck A)。 Deck Bのミキサースト
リップにあるCueボタンをクリックします。 ヘッドフォンではDeck Bのみの音声が聞こえ、
Deck A の音声はスピーカーを通して聞こえるはずです。

AUDIO 4 DJ – 19
4.1.2 TRAKTORの応用設定

物理設定
ミキサーインプットへAUDIO 4 DJのアウトプットを接続します。 AUDIO 4 DJの各ステレ
1.
オアウトプットチャンネルを、ミキサーの各ステレオチャンネルインプットに接続します。 接 % A U D I O 4 D J を 使 用して、
TRAKTORの外部モードで2台の
デッキを使用することが可能です。
続にはRCA ケーブルを使用してください。
2. ミキサーにヘッドフォンを接続します。
3. ミキサーのアウトプットをスピーカー用アンプインプットに接続します(またはアクティブモニ
タースピーカーに接続します)。

ミキサーをDJセットアップに取り入れるには、機器を上の図のように接続してください。

ソフトウェア設定
1. TRAKTORを開きます。
2. Preferences > Audio Setup > Audio Setup の順で進んでください。
オーディオ機器(Audio Device) リストからAUDIO 4 DJを選択します。
3.
4. 次に、Preferences > Audio Setup > Output Routing の順にクリックします。
! この設定ではAUDIO 4 DJをライン
モードにしておく必要があります。

5. 外部ミキサーモード(External Mixing Mode)を選択します。


6. アウトチャンネルAでは、ドロップダウンメニューからアウトプットを選択します(例 Out 1 と
Out 2)。
7. Out Channel Bでも、その他のアウトプットを選択します(例 Out 3 とOut 4)。

AUDIO 4 DJ – 20
セットアップのテスト
1. TRAKTORのブラウザリストから各デッキにトラックをドラッグし、Play/Pause ボタンを押
します。
2. 使 用しているDJミキサーのクロスフェーダーを左いっぱいにします (Deck A または
Channel 1)。
3. 使用しているDJミキサーのヘッドフォンミックスノブ/フェーダー を0%にします。 ヘッドフォ
ンミックスノブ/フェーダーが見当たらない場合は、DJミキサーのマニュアルを参照してくださ
い。
4. 使用しているDJミキサーのDeck B (Channel 2)にあるキューボタン/スイッチ/フェーダー
を使用してください。 該当するキューボタン/スイッチ/フェーダーが見当たらない場合は、
DJミキサーのマニュアルで確認してください。 ヘッドフォンではDeck Bのみの音声が聞こ
え、Deck A の音声はスピーカーを通して聞こえるはずです。

4.2 デフォルトオーディオ機器としてAUDIO 4 DJ
を使用する場合
レコードの音声や楽器演奏内容を録音するために、AUDIO 4 DJを使用することも可能です。

4.2.1 AUDIO 4 DJをウインドウズで録音機器として使用する


1. 40. Start > Control Panel > Sounds & Audio Devices の順で開きます。
2. 41. ”オーディオ”タブをクリックします。
3. 42. AUDIO 4 DJ音声録音用のデフォルト機器として音声を取り入れるAUDIO 4 DJのス
テレオチャンネルを選択します(例、AUDIO 4 DJ、CH. A, In 1/2)。
4. 43. 録音ソフトのオプションダイアログで、任意のインプットを選択します。
5. 44. 録音ソフトのインプットレベルを調整し、録音を開始します。

AUDIO 4 DJ – 21
4.2.2 AUDIO 4 DJをMac OS Xで録音機器として使用する
1. 45. Applications/Utilities/Audio MIDI Setup の順で開きます。
2. 46. “Audio Devices”のページAUDIO 4 DJをデフォルト機器として設定します。
3. 47. 録音ソフトのインプットレベルを調整し、録音を開始します。

4.3 ライン入力から音声を録音する。
以下の設定ガイドでは、CDプレーヤーをAUDIO 4 DJのラインインプットモードで使用する例を
紹介します。 この設定例はハードウェアのシンセサイザーや、ドラムマシン、その他のラインアウト
を持つ機器で応用可能です。

外部CDプレーヤーから音声を録音する場合は、機器を上の図のように接続してください。

1. アンプのボリュームが最低値になっていることを確かめてから行ってください!
2. AUDIO 4 DJのセッティングツール内のインプットモードセレクターでLine を選択してくだ
さい。
3. RCAケーブルをCDプレーヤーのアウトプットにつなぎ、空いているAUDIO 4 DJ インプット
へと接続します(例AUDIO 4 DJ のCH. A, In 1/2)。
4. CDをCDプレーヤーに挿入し、再生します。

AUDIO 4 DJ – 22
4.4 AUDIO 4 DJをターンテーブル用に設定する

ターンテーブルから音声を録音する場合は、機器を上の図のように接続してください。

1. アンプのボリュームが最低値になっていることを確かめてから行ってください!
2. AUDIO 4 DJのセッティングツール内のインプットモードセレクターでPhono を選択してく
ださい。
3. RCAケーブルをターンテーブルにつなぎ、AUDIO 4 DJのチャンネルA またはBのインプット
に接続します(例AUDIO 4 DJのCH. A, In 1|2)。
4.
5.
ターンテーブルのアース線をAUDIO 4 DJ専用スクリューに取り付けます。
レコードをターンテーブルに置き、再生します。
%
です。
この方法でAUDIO 4 DJを使い、
レコードをデータ化する事が可能

AUDIO 4 DJ – 23
4.5 AUDIO 4 DJ とコントロールヴァイナルを使用
する

1. アンプのボリュームが最低値になっていることを確かめてから行ってください!
2. AUDIO 4 DJセッティングのインプットモードセレクター(Input Mode Selector)でヴァイ
ナルコントロール(Vinyl Control)を選択します。
3. RCAケーブルをターンテーブルにつなぎ、AUDIO 4 DJのチャンネルA またはBのインプット
に接続します(例AUDIO 4 DJのCH. A, In 1|2)
4. ターンテーブルのアース線をAUDIO 4 DJ専用スクリューに取り付けます。
5. コントロールヴァイナルをターンテーブルに置き、DVSをスタートします。

AUDIO 4 DJ – 24