Anda di halaman 1dari 10

インドネシアの教育:益々発展し続けていく!

ステファニー.フォーテュナタ
(HE201907386I)
目次:

国の教育の現状と問題点
問題点に対する解決策と結果
まとめ 【考察・意見・感想】

現状
インドネシアの教育の現状は潜在的な若者がたくさんいますが、インドネシアのヒューマン
キャピタルインデックス率(Human Capital Index Rate) は他の国と比較したらまだ低いという
ことです。つまり、今はインドネシアでたくさん若者がいますが、他の国の HCI 率を比べたら、
インドネシアの率がまだ低いという意味です。
まずは、HCI というのは何ですか。
「HCI はヒューマンキャピタルインデックスというのは、次世代の労働者の生産性に対する健
康と教育の貢献を数値化したものです。」
簡単に言うと、HCI はある国の提出する健康や教育に応じて国民がちゃんと社会人になれる
か仕事できるかを測定するものです。
HCI の範囲は0~1です。「1」は今の経済の状態で生まれた赤ちゃんが完璧な健康と教育サ
ポート貰えるという意味です。

2018 年のデータによると、1 位のはシンガポールでした。インドネシアは 157 位の中で87位


に位置付けたということである。
この率に影響を与えられる要因は二つがあります。健康と教育です。
教育の中で、知識とスキルが含まれます。
それでは、インドネシアでどんな教育の問題があるのでしょうか。

問題点
まずは、貧困家庭で子供たちが学校に通えないことです。

こちらの「2018 年の家庭収入によって 15 歳以上の子供が教育を受ける期間の平均」グラ


フによると、最も収入が高い家庭の教育を受ける期間の平均は 11.14 年間でした。そして、
最も貧しい家庭のはたった 5.60 年間とのことです。
つまり、家庭の収入が高いほど高いレベルの教育に進学することも増えます。
家族が日常生活を送れるように、学校に行かないで働いてる子供たちは、インドネシアでは
依然として深刻な問題です。
その上で、2012 年からインドネシアの義務教育は 12 年になりました。
今の現状で 12 年間の義務教育は少し厳しいそうです。なぜかというと、「15 歳以上の子供
が教育を受ける期間の平均」のグラフによると、全国の平均はたった 8.58 年とのことだから
です。
ですが、この平均は年々増加していきます。
2015 年の平均は 8. 32 年間でした。そして、2016 年に 8.42 年間になりました。2017 年にま
た増えて、8. 5 年間になりました。最後に、最新のデータ、2018 年に子供が教育を受ける期
間の平均は 8.58 年間になりました。
そして、注目したいことが一つあります。
この 2018 年のデータを見ると、身体障がある子供は、身体障がない子供のやく半分の期間
であることを分かりました。

次に、二番目の問題点は、教師の配置のバランスが良くないということです。
こちらの「2015~2016 年に採用が必要な教師の数」グラフによると、小学校と中学校の教
師が多すぎて、一番足りないのは高校の教師とのことです。
全部加えたら、教師の数が約 146,987 人足りないようです。
最後に、三番目の問題点は学校の施設が偏在ことです。

「2017~2018 年に良い教室と施設がある学校」グラフによると、国立専門学校以外、良い施
設を持ってる学校率は 50%以下です。
そして、「過去三ヶ月にインターネットや技術をアクセスできる学生の割合」グラフによると、コ
ンピューターを使える田舎に住んでいる学生はたった 20%です。
この二つのグラフを見ると、学校の施設がいまだ偏在してることが考えられます。

問題点に対する解決策と結果
問題点に対する解決策を紹介します。
まずは、「学校に通えない、進学できない子供たち」について、三つ提案を考えました。
1 教育無償化 ( 幼児教育+義務教育9年間)。幼稚園から中学校までの学費を無
料にすること。
2 補助金をあげること。
3 奨学金をあげること。

次に、「教師のトレーニング不足」について、三つ提案を考えました。
1 高等教育のトレーニングを増やす。
2 資格の基準を評価すること。
3 割当方法として教師を転勤すること。
そして、「学校の施設の偏在」について、二つ提案を考えました。
1 国の教育の予算を増やすこと。
2 支出を監視すること。
最後に、先程見たグラフの通り、学校に行ける身体障がある子供の率はまだ低いので、身体
障害者の対応教育を増やすことも必要だと思います。
低い HCI 率に関わらず、インドネシアの教育は成長していきます。

2018 年の「学校に行く割合」のグラフを見れば、身体障害者以外、学校に行く 7~15 歳の


子供は約 95%です。つまり、9 年間の義務教育の基準をすでに満たしたことが分かりました。
また、2018 年の識字率のグラフを見ると、15 歳以上の識字率はかなり高いです。
身体障害者以外では、約 95%です。
15 歳以上の識字率が高いことは、基礎教育を受けることができたという意味が考えられま
す。

まとめ 【考察・意見・感想】
過去数年間、インドネシアは教育に関する改革に行いました。そのおかげで、義務教育率が
増えてきています。
ですので、世界の標準に比べたら、今のインドネシアの教育はこれからさらに発展が期待で
きます。

参考文献
https://www.bps.go.id/publication/2018/12/06/a65b526c119ce8f799e5ea63/statistik-pendidikan-
2018.html

https://www.gatra.com/detail/news/353862-Ini-Penjelasan-Indonesia-Peringkat-87-Human-Capital-
Index

https://photius.com/rankings/human_capital_index_country_rankings_2018.html

https://www.straitstimes.com/asia/se-asia/singapore-tops-new-world-bank-human-capital-
rankings-based-on-health-education

http://publikasi.data.kemdikbud.go.id/uploadDir/isi_C3E61ED4-94A4-4C8E-AFEE-
091C89F6BF53_.pdf