Anda di halaman 1dari 1

数学 I ワークシート(No.

18)
1 年 _____ 番 氏名
三角比(三角関数)を用いて、直接求められない距離の値を求める方法を理解しましょう。

◆課題: 三角測量
有名な直角三角形や三角比の表を用いて、次の距離を求めよ。
(1) あるスキー場には、長さ 640m、斜度 30°の直線 (3) あるタワーから 50m 離れた地点に座って、タワ
コースがある。このコースの標高差(最高点と最 ーの頂点を見上げると、見上げた角度は 70°だっ
低点の高さの差)を求めよ。 た。このタワーの高さを求めよ。

求める標高差を𝒚(m)とおくと、 求める高さを𝒚(m)とおくと、
𝟏 𝒚 = 𝟓𝟎 × 𝐭𝐚𝐧 𝟕𝟎° ≒ 𝟓𝟎 × 𝟐. 𝟕𝟒𝟕𝟓 ≒ 𝟏𝟑𝟕(m)
𝒚 = 𝟔𝟒𝟎 × 𝐬𝐢𝐧 𝟑𝟎° = 𝟔𝟒𝟎 × = 𝟑𝟐𝟎(m)
𝟐

640m
𝑦(m)
30° 𝑦(m)

訂正: 「三角錐」→「円錐」 70°

(2) ある山はほぼ円錐の形をしており、標高 0m でこ 50m

の山を貫く長さ 2,000m のトンネルがある。トン


(4) まっすぐな川の岸にある地点 A から、川沿いに
ネルの入口から山頂へまっすぐ登ると、距離は
300m 離れた地点 B に、対岸の地点 C へ掛かる
2,000m だった。この山の高さを求めよ。
500m の橋がある。橋と川の流れが垂直な関係に

下図の角度𝜽について、𝐜𝐨𝐬 𝜽 =
𝟏𝟎𝟎𝟎 𝟏
= より、 あるとき、地点 A と地点 C の直線距離を求めよ。
𝟐𝟎𝟎𝟎 𝟐

𝜽 = 𝟔𝟎°となる。 𝟓𝟎𝟎 𝟓
下図の角度𝜽について、𝐭𝐚𝐧 𝜽 = 𝟑𝟎𝟎 = 𝟑 = 𝟏. 𝟔̇よ
求める高さを𝒚(m)とおくと、
り、𝜽 ≒ 𝟓𝟗°となる。
√𝟑
𝒚 = 𝟐𝟎𝟎𝟎 × 𝐬𝐢𝐧 𝟑𝟎° = 𝟐𝟎𝟎𝟎 × 求める距離を𝒓(m)とおくと、𝐬𝐢𝐧 𝜽 =
𝟓𝟎𝟎
より、
𝟐 𝒓
= 𝟏𝟎𝟎𝟎√𝟑 ≒ 𝟏𝟎𝟎𝟎 × 𝟏. 𝟕𝟑𝟐 = 𝟏𝟕𝟑𝟐(m) 𝟓𝟎𝟎 𝟓𝟎𝟎
𝒓 = 𝐬𝐢𝐧 𝜽 ≒ 𝟎.𝟖𝟓𝟕𝟐 = 𝟓𝟖𝟑. 𝟑(m)

C
2,000m
𝑦(m) 𝑟(m)
500m
𝜃
𝜃
1,000m A B
300m

◆質問・感想・メモ欄 (任意)